宮崎日大高Aが初優勝 南九州駅伝

©株式会社宮崎日日新聞社

初優勝へ笑顔でゴールする宮崎日大高Aのアンカー佐藤奨之進=3日午後、都城市立美術館前

 第73回南九州駅伝競走大会(宮崎日日新聞社など主催)は3日、えびの市真幸地区体育館前をスタートし、都城市立美術館前にゴールする7区間61.3キロのコースで行われ、宮崎日大高Aが3時間9分34秒で初優勝した。5秒差の2位に大牟田高A(福岡)、前回優勝の京セラ鹿児島が3位だった。県勢の優勝は2016年の小林高A以来、3年ぶり。