澤尻(八戸学院大)粘りの準優勝/スケート国体成年女子3000メートル

©株式会社東奥日報社

【スピード成年女子3000メートル決勝】澤尻(八戸学院大)が2年ぶりの2位=釧路市柳町スピードスケート場

 第74回国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会は最終日の3日、北海道釧路市内で3競技を行った。青森県勢は、スピードの成年女子3000メートルで澤尻磨里英(八学大)が2位。少年男子1000メートルは橋本芳彦(八戸西)が5位、同5000メートルで根城知哉(同)が6位。リレーは成年女子が5位、成年男子が7位。アイスホッケーは3位決定戦で少年男子が4-2、成年男子が延長の末4-3でともに埼玉を下し、3位となった。ショートトラックは西山夢乃(神奈川大)が成年女子500メートルに出場、準々決勝で敗れた。

 スケート・アイスホッケー競技終了時点での青森県の男女総合成績(天皇杯得点)は、スケート(51点)とアイスホッケー(70点)合わせて121点の8位。昨年と同じ順位となった。来年の第75回国民体育大会冬季大会のスケート・アイスホッケー競技会は八戸市、三沢市、南部町で行われる。