上里一将が新主将に FC琉球、副に徳元悠平も就任

©株式会社琉球新報社

 サッカーJ2のFC琉球の2019シーズンの新主将が宮古島市出身の上里一将(32)に決まった。副主将は2人で、最古参の富所悠(28)と糸満市出身の徳元悠平(23)。2日、球団が発表した。

 3選手は球団を通してコメントした。J1での経験も豊富な上里新主将は「琉球に関わる全ての方々、同じ目標に向かい、リスペクトしながらJ2の長いシーズンを戦っていきましょう。ワッターチーム琉球」と意気込んだ。

 昨年に続き、副主将を務める在籍8年目の富所は「キャプテンを支えながら、自分もチームを引っ張っていけるように頑張る」と力を込めた。徳元は「カズさん(上里)、トミさん(富所)とチーム一丸となってシーズンを戦えるようにしたい」と活躍を誓った。