【高校受験2019】兵庫県私立高の出願状況・倍率(2/1時点)灘4.15倍など

©株式会社イード

兵庫県私立中学高等学校連合会

兵庫県私立中学高等学校連合会は2019年2月1日、平成31年度(2019年度)兵庫県私立高等学校の志願状況を公表した。2月1日午前10時点の45校の平均出願倍率は3.53倍。各校の倍率では、灘(普通)が4.15倍、須磨学園(普通・III類理数コース)が33.78倍など。

兵庫県内の私立高等学校45校の募集人員9,608人に対し、出願者数は3万3,883人。出願倍率は3.53倍と前年度(2018年度)確定倍率と比べて0.16ポイント減少した。

もっとも倍率が高かったのは、須磨学園(普通・III類理数)33.78倍。そのほか、灘(普通)4.15倍、滝川(普通・国際理数)5.90倍、雲雀丘学園(普通・A日程/文理探究)7.64倍、関西学院高等部(普通)2.11倍など。須磨学園(普通)のIII類理数以外の倍率は、III類英数が14.63倍、II類が2.72倍、I類が1.00倍となっている。

各校の入試は2019年2月9日より実施されるが、生野学園は2月4日~6日に実施。合格発表は、灘や雲雀丘学園が2019年2月11日、須磨学園や滝川、関西学院高等部が2月12日に行う。

黄金崎綾乃