鷹ドラ6泉、新人投手唯一のB組スタートも「最終的に一番結果を出したい」

©株式会社Creative2

ブルペンで投げ込みを行うソフトバンクのドラフト6位・泉圭輔【写真:藤浦一都】

第1クールを終え「きつかったが収穫はあった」

 ソフトバンクのドラフト6位ルーキー、泉圭輔投手。初休日の4日は他の新人たちと乗馬体験でリフレッシュするとともに、B組スタートとなったキャンプ第1クールを振り返った。

 甲斐野央投手をはじめ4人のルーキーがA組で練習を続ける中、新人投手で唯一B組スタートとなった泉。第1クールを振り返り「きつかったけど収穫もありました。キャンプの流れもつかめたし、投内連係などでは和田さんのようなベテランほど大きな声を出していました。自分も大きな声が出せるかどうかだと思います」と話した。

 B組スタートとなったことには「焦っていないかというと、正直焦る気持ちはある」という。だが、「コーチの方々からも『お前は焦らなくていい』と言っていただいているので、今はB組ですけど最終的には(新人の中で)一番結果を出して、シーズン終わる頃には1軍に定着していたいです」と、今後も焦りを捨てて練習に打ち込んでいく。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)