パナソニック、営業益を下方修正

車載電池不振、中国減速で

©一般社団法人共同通信社

記者会見するパナソニックの梅田博和CFO=4日、東京都内

 パナソニックは4日、2019年3月期連結業績予想を下方修正し、売上高を従来より2千億円少ない8兆1千億円に、本業のもうけを示す営業利益を400億円少ない3850億円に引き下げた。米電気自動車(EV)メーカー、テスラ向けの車載用電池が生産遅れのため苦戦し、中国経済の減速で家電や工場向けの産業用モーターなども振るわなかった。

 一方、純利益の予想は2500億円で据え置き、今回の業績修正後も前期比では増収増益となるとの見通しは維持した。

 記者会見した梅田博和最高財務責任者は電池事業の販売減少について「テスラの生産効率化が遅れ、販売期のずれが起きた」と説明した。