6業者が商業捕鯨実施へ

沿岸操業、7月から再開

©一般社団法人共同通信社

商業捕鯨の想定事業者

 日本が国際捕鯨委員会(IWC)を脱退して再開する商業捕鯨の日本沿岸の操業については、これまで規制対象外の小型捕鯨を手掛けてきた6業者が7月1日から実施する見通しとなったことが5日、分かった。31年ぶりの再開で事業は手探りとなるため、水産庁は漁場を探る調査などを実施して支援する方針。沖合を含め新規参入の動きは見られない。

 6業者は、北海道網走市の下道水産と三好捕鯨、宮城県石巻市の鮎川捕鯨と戸羽捕鯨、千葉県南房総市の外房捕鯨、和歌山県の太地町漁協で、IWCが規制していないツチクジラなどを捕鯨している全業者に相当する。商業捕鯨では新たにミンククジラを捕獲する。