海自「いずも」韓国寄港見送り

日韓関係悪化で防衛交流縮小

©一般社団法人共同通信社

海上自衛隊の護衛艦「いずも」

 防衛省は5日、今春に計画していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への寄港を見送ると正式に発表した。韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などで悪化する日韓関係を反映し、防衛当局間の交流を縮小する形だ。

 防衛省によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議の関連会合に合わせ、4~5月に多国間の海上共同訓練が韓国沖などで計画されている。その際に、いずもなど数隻の海自艦艇を韓国・釜山に入港させる予定だったが、取りやめる。海上訓練には参加する。

 防衛省報道官は記者会見で「検討の結果、今般の対応が最も適切だと判断した」と述べた。