「ポルノグラファー」過去編「インディゴの気分」制作決定! 竹財輝之助ら引き続き出演!!

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビが運営する動画配信サービス・FODで2018年7月に配信した連続ドラマ「ポルノグラファー」の過去編「ポルノグラファー~インディゴの気分~」の制作が決定し、今春配信予定であることが分かった。

ドラマ「ポルノグラファー」は、いわゆるBL(ボーイズラブ)作品としてではなく、「ラブストーリーの主人公たちが、たまたま男同士」だったというスタンスでの恋愛ドラマとして制作、配信・放送された。恋愛ドラマとしての美しさや心情の細やかさが話題となり、ソフト化されたり、サウンドトラックも配信されるなどした。

「ポルノグラファー~インディゴの気分~」は同名漫画を原作としたドラマで、「ポルノグラファー」の過去編。「ポルノグラファー」の主人公・ポルノ小説家の木島理生と大学生の久住春彦を中心としたラブストーリーではなく、木島理生と木島の編集担当・城戸士郎の2人の過去を描いた内容になる。メインキャストは木島役を竹財輝之助、城戸役を吉田宗洋、久住役を猪塚健太が演じるなど前作からのメンバーが引き継ぐ。前作は木島と久住の純愛を描いた作品だったが、本作ではラブストーリーに加え、城戸の木島に対する憧れと嫉妬が混在するさまや、木島の苦悩から欲情など本能に近い感情が描写される。

竹財は「まさかもう一度“木島理生”に会えるとは思っていませんでした。これも見てくださった方々の熱い思いのお陰だと思っています。ありがとうございます。多少なりとも皆さんを振り回せた、ということでしょうか? ふふ」と意味深にコメント。吉田も「またこの世界に戻ってこられたことが本当にうれしく、企画制作として動いてくれたスタッフの皆さま、そして声をたくさん届けてくれたファンの皆さまに感謝しかありません」とうれしそうで、猪塚は「喜びと共に最初に頭をよぎったのは、『ポルノグラファー』を見てくれていた方々のことでした。それだけ皆さまの『ポルノグラファー』への愛と熱が伝わっている証しです」とファンに報告している。