パスワード不明で150億円凍結

カナダの仮想通貨交換所

©一般社団法人共同通信社

画面の上に置かれた仮想通貨「ビットコイン」のマーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】ビットコインなどを扱うカナダ最大の仮想通貨交換所「クアドリガCX」で、保管していた約1億8千万カナダドル(約150億円)分の仮想通貨が引き出せなくなった。パスワードを知るクアドリガの経営者が急死したためという。ロイター通信が4日伝えた。

 経営に行き詰まったクアドリガは1月31日、「裁判所に資産保全の手続きを申し出た」との声明を発表した。

 クアドリガは、顧客約11万5千人の計約2億5千万カナダドルの仮想通貨を保管。7割以上が、創業者ジェラルド・コットン最高経営責任者のコンピューターに入っており、オンラインでは引き出せない状態だった。