顧客のFX損失を補填か 東郷証券を強制捜査

©株式会社ジェイ・キャスト

証券取引等監視委員会は2019年2月5日、中小証券の東郷証券(東京都港区)を損失補填の疑いで強制調査した。各メディアが報じている。

東郷証券は外国為替証拠金取引(FX)で損失を出した顧客に対して補填を行っていたとして、金融商品取引法違反の容疑をかけられている。損失は架空の外部委託費から補填していたとみられる。