次世代iPS細胞、来年にも整備

山中伸弥氏、ゲノム編集技術活用

©一般社団法人共同通信社

再生医療研究のシンポジウムで講演する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長=5日午後、東京都内

 京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長は5日、東京都内で開かれた再生医療研究のシンポジウムで「ゲノム編集技術を用いて免疫の型を変え、より多くの人に移植できる次世代の人工多能性幹細胞(iPS細胞)のストックを計画中で、来年には順次そろえていきたい」との目標を明かした。

 山中氏によると、世界のほとんどの人に対し、移植時の拒絶反応のリスクが小さいiPS細胞を提供するには、現状では、千タイプ以上のiPS細胞の作製が必要。しかし、生物の遺伝子を改変できるゲノム編集技術を使用すれば、10タイプで済むという。5年ほどでそろえられるとの期待も示した。