アウディ Q5に待望のクリーンディーゼルが登場

©オートックワン株式会社

アウディ Q5 40 TDI

Q5の本命、TDIモデルがいよいよ日本上陸

スポーティでダイナミックな外観と走行性能が魅力のQ5に、 クリーンディーゼルエンジンを搭載したモデル「アウディ Q5 40 TDI quattro」がいよいよ日本に上陸する。

電子制御コモンレール世代のクリーンディーゼルとして日本初導入となる2リットルディーゼルエンジンは、最新の厳しい排ガス基準を満たし、190psと400Nmを発生。ミッドサイズSUVながら、燃費は15.6km/リットル(JC08モード)を達成。

Audi Q5 40 TDI quattroは、電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンならではの走行性能を楽しめる Q5の新しいエントリーモデル。 最新の技術を惜しみなく投入し、妥協ない環境性能とレベルの高い運動性能を併せ持つことで、優れた経済性とともに、 余裕のあるドライビングフィールを実現する。その一方JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/リットル上回る15.6km/リットルで、 モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに迫る(タンク容量:70リットル)。

◆アウディ Q5 40 TDI quattroを画像で確かめる

トピックとなる1968cc直列4気筒TDI(Turbocharged Direct Injection)エンジンの排気系は、酸化触媒コンバーター、 尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、 アンモニア分解触媒コンバーターなどから構成されている。 加えて高圧コモンレール式インジェクターや低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、 エンジン本体にも最新技術を投入し、欧州排ガス規制EURO 6や日本のポスト新長期排ガス規制に適合。そして、 緻密に制御される可変ガイドベーン式ターボは、ディーゼルエンジンならではの大きなトルクを ガソリンエンジンに迫るレスポンスで提供する。

また、Audi Q5 40 TDI quattroはエコカー減税の対象となることも見逃せない。2019年2月現在、自動車取得税100%、 自動車重量税100%、自動車税75%の減税が得られ、減税額は242,900円となる(40 TDI quattro sportの場合)。

さらに今回のTDIモデルの発売を記念し、迫力ある内外装と安全装備を充実させAudi Q5 TDI 1st edition black stylingを250台にて限定発売。Audi Q5 40 TDI quattro sportをベースに、 マトリクスLEDヘッドライト(ダイナミックインジケーター含む)やアクティブセーフティを強化するアシスタンスパッケージ、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、 専用20インチホイールなど大幅に装備を追加しつつ、価格を89万円増の746万円に抑えた、 バリューに優れた限定モデルとなっている。