楽天オコエらが特打、フリー打撃に若手が続々登板…6日のパ・リーグキャンプ見所

©株式会社Creative2

楽天・オコエ瑠偉【写真:荒川祐史】

楽天&西武&ソフトバンクの3球団が練習、若手投手がフリー打撃登板

 パ・リーグ各球団の春季キャンプは早くも第1クールを消化。日本国内でキャンプを行う5球団のうち、ロッテとオリックスは最初の休日を迎えるが、それ以外の3球団では若手投手がフリー打撃に登板するなど、実戦的なメニューが増えてきた。6日の春季キャンプ、各球団の見どころはどのようなものだろうか。

◯楽天は若手外野手がランチ特打で共演

 沖縄県・久米島で春季キャンプを行う楽天は第2クールに突入する。9時30分からの練習で投手陣は守備メニューの後は3組に分かれてピッチング、ランニングなどのメニューをこなす。野手陣もウォーミングアップ後に守備練習を行うが、ランチタイムにはオコエと卓丸がランチ特打に登場。1軍定着、外野のレギュラー定着を狙う2人の打撃に注目だ。さらに午後のフリー打撃には近藤、小野、池田らが登板。ローテ入りを目指す右腕たちの投球にも注目だ。

◯西武は辻監督が「非常に目立った」と評した右腕がフリー打撃に

 宮崎県日南市・南郷スタジアムで春季キャンプを行う西武は第2クールの2日目。8時50分から早出組の練習はスタートする。ブルペンには前日に引き続き内海やルーキー森脇らが入り、首脳陣にアピールする。また、12時40分からのフリー打撃には郭、相内、野田、高木勇、ルーキーの粟津が登板を予定している。中でも辻監督がキャンプ初日の投球を見て「球の勢いが非常に目立ちました」と評した郭に注目。台湾の大学を卒業後、大きな期待を受けるも4年間で4勝と真価を発揮できていない右腕は強力“獅子おどし打線”の野手たちにどう挑むのだろうか。

◯ソフトバンクは新人2投手がフリー打撃に登板

 宮崎市・アイビースタジアムで春季キャンプを行うソフトバンクは第2クールの2日目。午前中は空模様が心配されるが、午後からは太陽が顔を出しそうだ。ランチ後のフリー打撃にはドラフト2位指名の杉と、7位指名の奥村が登板。レギュラー獲りを目指す高田、西田、牧原、塚田との対戦が予定されており、どのような投球を見せるのか注目だ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)