外国人受け入れ 道が対応具体化

道議会委、千葉氏質問

©株式会社室蘭民報社

 道議会経済委員会が5日開かれ、道は外国人材の受け入れと共生に向けた対応方向を年度内に取りまとめる考えを明らかにした。千葉英也委員(室蘭市、自民党・道民会議)への答弁。

 千葉委員は新たな在留資格制度が4月から始まることを踏まえ「道内の企業や地域が外国人材を円滑に受け入れるため、方向性を具体的に示す必要がある」とただした。

 倉本博史経済部長は「適正な雇用管理や在留管理、多言語での生活相談や日本語習得の支援、互いの文化や生活習慣への理解や尊重など受け入れ環境の整備が必要」と述べた。

 その上で「新たな在留資格制度の4月施行を見据え、外国人材の受け入れと共生に向けた道の対応方向を年度内に取りまとめる」との考えを示した。 (有田太一郎)