自覚症状でわかる“目の病気リスク”「老眼&加齢黄斑変性」篇

©株式会社光文社

年を重ねると体のあちこちに不調が出てくるように、目も衰える。手元の細かい文字が見えにくくなる「老眼」は、40歳ごろから多くの人に現れてくる。多くの読者世代が悩まされている、目にまつわる老化現象。放置しておくと失明にいたる症状も……。目の“異変”のサインを見落とさないで!

「老眼は、目のピント調節機能が低下することによって起こる“目の老化”のひとつです。老眼は病気ではありませんが、『年を取ったのだから見えづらいのは当たり前』と思ってはいけません。物が見えづらいという状態には加齢によって起こる病気が潜んでいることがあり、そのまま放っておくと症状を悪化させてしまうことがあります」

そう語るのは、東京女子医科大学医学部眼科学講座の飯田知弘教授。物が見える仕組みはこうだ。外からの光は、角膜、水晶体、硝子体という透明な組織を通り、眼底の網膜で映像を結ぶ。

「老眼は水晶体が硬くなり、ピント調節機能が低下することで起こりますが、この水晶体が濁り、光が通りにくくなり、物がぼやけてかすむと『白内障』の可能性が高くなります。また、眼底にある網膜は光の映像を視神経に伝える役割があり、中心にある黄斑部に異常をきたすと、うまく映像が結ばれず物がゆがんで見えたり、中心部が暗く見えたりする『加齢黄斑変性』になります」(飯田教授・以下同)

光の映像は視神経を通って脳に伝えられるが、視神経がダメージを受け、眼圧とのバランスが崩れると、視野が欠ける「緑内障」になる。

一度、悪くなった目は元に戻ることはない。早期発見、早期治療がなにより大切だ。異変に早く気づくためのチェックリストは次のとおり。思い当たる症状がないかチェックしよう!

□ まぶしく感じる…(1)
□ 目がかすむ…(2)
□ 眼鏡をかけても新聞の文字が読みづらい…(3)
□ 最近、視力が落ちた気がする…(4)
□ 眼鏡が合わなくなった…(5)
□ 陰影のはっきりしない物が見づらい…(6)
□ 突然、物が見づらくなった…(7)
□ 視界に何かちらつく…(8)
□ 暗い場所では物が見づらい…(9)
□ 物がゆがんで見える…(10)
□ 視野がぼやけて見える部分がある…(11)
□ 視野の中心部が暗く見える…(12)
□ 目が充血する…(13)
□ 目が乾く…(14)
□ 目が疲れやすい…(15)
□ 物が二重に見える…(16)
□ 目を開けにくい…(17)
□ 遠近感がとりにくい…(18)

■(2)、(5)、(15)の自覚症状がある人は「老眼」かも!

水晶体が硬くなり、ピント合わせができなくなるため、手元の文字などが見えづらくなる。

「新聞や本など細かい文字が遠くに離さないと見えなくなります。最近はスマホの見すぎでピントを合わせる毛様体筋が緊張しすぎて働かなくなり、近くにも遠くにもピントが合わなくなる人も増えています」

老眼が気になる年齢になったら“見えづらさ”に隠れている病気がないか、1年に1度は眼科で視力検査にプラスして目の検査を受けるようにしよう。

■(3)~(5)、(7)、(10)~(12)、(18)の自覚症状がある人は「加齢黄斑変性」かも!

「水晶体から入ってきた光は、黄斑部で捉えて、色や形などはっきり見ることができますが、黄斑部に老廃物がたまり、それによる障害が進むと、視力が著しく低下し、中心部が暗くぼやけて見えたり、ゆがんで見えたりします」

もともと欧米人に多く見られる症状だったが、ライフスタイルの変化で日本でもかかる人が増加。原因には加齢のほか、日光を多く浴びる、喫煙や偏った食生活なども影響すると考えられている。

気になることがあればすぐに眼科を受診しよう!