餃子をオーブンで焼いてみたら…焼き・蒸し・揚げのイイトコどり!

©株式会社サンケイリビング新聞社

子どもから、おかずリクエストでよくあがる餃子

・フライパンやホットプレートでジュウジュウ焼く焼き餃子

・スープでグツグツ煮る水餃子

・蒸し器でシューッといい香りとともに蒸される蒸し餃子

・パチパチいい音とともに揚げられる揚げ餃子

どれもとてもおいしく、子どもにも人気のメニューですよね。でも、加熱中は目を離せません。

そこで、オーブンで餃子を焼いてみたところ、とても簡単でおいしい!今までの餃子とはひと味違った新感覚の餃子が出来上がりました。焼き餃子の香ばしさ、蒸し餃子のジューシー感、揚げ餃子のパリパリ感が組み合わされています。

今回はオーブン餃子の作り方を紹介します。

出典:あんふぁんWeb

超簡単!行程はたったの2つ

1.鉄板にオーブンシートをしき、餃子を重ならないように並べます

出典:あんふぁんWeb

2.オーブンを200℃に予熱し、10分加熱し、火が通れば完成です

出典:あんふぁんWeb

見た目よし!片づけラク!

焼き途中に皮が破れることもなく、どれも均一に火が入るので見た目もきれいに仕上がります。

そして嬉しいのは片づけがラクなこと。餃子をおいしく食べた引き替えに、焦げめのついたフライパンや飛び散った油の始末はなかなか大変ですよね。さらに、部屋中に臭いがついてしまうのも防げます。また、オーブンで餃子を焼いている間に他の料理も作れちゃうので食事の準備時間が短くなりますよ。

先日、わが家で友人家族と一緒に餃子パーティーをしましたが、子どもたちは自分たちの手作り餃子に大興奮。焼くときに油を使用していないため、「ベタベタしない!手で食べられる!」と餃子に食いついていました。ママたちは、餃子を焼いている間に子どもたちがやけどをする心配がないので安心。「わが家もこれから餃子はオーブンにする!」と、大好評でした。

冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもオススメのオーブン餃子、ぜひ一度、試してみてくださいね。