辺野古新基地への土砂搬出に市民が抗議 安和桟橋で水曜大行動

©株式会社琉球新報社

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古新基地建設を巡り、沖縄防衛局は6日、名護市安和の琉球セメント桟橋で、埋め立てに使用する土砂を運搬船に積み込む作業を続けた。桟橋の出入り口には市民100人以上が集まって抗議した。 安和桟橋の海上には新基地建設に反対する市民が乗ったカヌーが繰り出し、運搬船を取り囲んで出航を阻止しようと声を上げ続けた。抗議する市民は1月から、毎週水曜日を「安和水曜大行動」と定め、集中大行動を実施している。【琉球新報電子版】