【MLB】レンジャーズ、ベルトレの「29」永久欠番セレモニーを6月に開催へ

©株式会社Creative2

昨季限りで現役を引退したエイドリアン・ベルトレ氏【写真:AP】

6月8日の試合前に開催へ

 レンジャーズは5日(日本時間6日)、昨季限りで引退したエイドリアン・ベルトレの永久欠番セレモニーを6月8日(同9日)に行うと発表した。球団公式サイトが伝えている。当日は本拠地グローブライフ・パーク・イン・アーリントンでアスレチックス戦が開催され、セレモニーは試合開始30分前から行われる予定だ。

 レンジャーズは1月25日にすでにベルトレの背番号「29」を永久欠番にすることを発表していたが、セレモニーの日時は未定となっていた。記事では、イバン・ロドリゲス、ノーラン・ライアン、ジョニー・オーツに次いで球団史上4人目の永久欠番になることも紹介している。当然ながら、この他にジャッキー・ロビンソンの功績を称えてメジャー全30球団で欠番となっている「42」も永久欠番となっている。

 また、ロドリゲスとライアンはレンジャーズの選手として殿堂入りしたが、メジャー生活21年中8年をレンジャーズで過ごしたベルトレも続くことが濃厚だと言及。通算3166安打、同477本塁打、ゴールドグラブ賞5度、オールスター出場4度を誇り、レンジャーズで3回の地区優勝と1回のリーグ優勝を達成しているという偉大な実績も称えている。

 さらに、三塁手としては3000本安打、400本塁打を達成した初めての選手であり、打点は歴代1位、本塁打もマイク・シュミット(548本)、エディー・マシューズ(512本)に次いで3位であると、球団公式サイトは紹介。メジャー史に名を残す選手のセレモニーは、盛り上がりを見せることになりそうだ。(Full-Count編集部)