超貴重音源!  長嶋茂雄が息子・一茂の“バッティング”を解説

©株式会社ニッポン放送

「草野満代 夕暮れWONDER4」(2月5日放送)で、長嶋茂雄がニッポン放送・ショウアップナイターの解説員として登場した際、息子でルーキーイヤーの長嶋一茂が代打で登場。当時の実況担当・深澤アナウンサーが長嶋茂雄に感想を求めた時の“超貴重音源”を放送した。2月12日までタイムフリーで聞くことができる。

プロ野球 ヤクルト対巨人 ニッポン放送の解説で息子の長嶋一茂のプレーを見る長嶋茂雄(左)、右は深澤弘アナウンサー =1988年6月15日、神宮球場 撮影日1988年06月15日 提供産経新聞

試合ではルーキーイヤーの長嶋一茂が代打で登場。一茂は、ピッチャーの球をキレイにはじき返し、センター前ヒットを放った。これに、実況アナウンサーの深澤アナが、父である長嶋茂雄氏に『さぁ、実況してください!』と、話を振った。

長嶋茂雄『解説は仕事ですから、(息子であるという)私情は挟んじゃいけませんね。ただ、バッティングそのものは、チェンジアップの甘めの球だったんですが、素直にピッチャーに返しているという、素直さがこの打席には出ていましたね。ただ、もうすこし懐を大きくとってもらいたいですね。せっかく身体が大きいんだから。いまみたいにチョコマカというより、三振か一発かというようなスケールの大きいスウィングを作ってもらいたいですね。』

息子・一茂のヒットにも、ちょっぴり辛辣な父・長嶋茂雄の超貴重な辛口コメントだった。

貴重な音源はタイムフリーで聞くことができる。

 

草野満代 夕暮れWONDER4
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜16:00-17:40

radikoのタイムフリーを聴く