オルビス/宅配ボックス5000個をモニター配布、実証実験を7月開始

©株式会社ロジスティクス・パートナー

化粧品の製造・販売のオルビスは2月6日、再配達の低減を目的とし、業界最大規模となる顧客5000名を対象にしたオリジナルの宅配ボックスのモニター配布を7月に実施すると発表した。

<宅配ボックス>

<設置イメージ>

効果実証および顧客の利便性向上を目的とし、オリジナルの宅配ボックスを 5000個製作、3月以降に年間購入金額の高い会員顧客に対しモニター参加についての応募を受け付け、抽選のうえ7月(予定)に配布する。

宅配ボックスはナスタが企画・製作した布製の簡易設置タイプで、オルビスのオリジナルデザインが施されており、オルビス以外の荷物も受け取ることができる。

モニター対象顧客は宅配ボックスを受け取り後、3か月後を目処に利用に関するアンケートに回答、オルビスはそれらの結果を確認し、効果が認められた場合は将来的に販売を検討する等、通販利用者が感じる不便さを解消する体験価値を提供するとともに、宅配クライシスの解決に取り組んでいくとしている。