「音楽ナタリー」若手ライターが注目するアーティストは?

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。2月5日(火)のオンエアは、DAOKOとのコンビでお届けしました。この週の「MY SONAR MUSIC」では、音楽業界の未来を担う若手スタッフが日替わりで登場、おすすめの音楽を紹介しています。

4日(月)のオンエアでは、ビクタースタジオの新人レコーディングエンジニアが登場し、仕事中に聴いている音楽、最近気になる音楽を語りました。紹介したのは、Kaco「たてがみ」。透き通った歌声が印象的なシンガーソングライターです。

【オンエアはこちら】トークと、Kaco「たてがみ」をradikoで聴く

■「音楽ナタリー」若手ライターが聴くのは?

5日の放送では、国内ナンバーワンの情報量を誇る音楽ニュースサイト「音楽ナタリー」の若手ライター、中川麻梨花さんに、仕事に就いた経緯やおすすめの曲を伺いました。

中川:ナタリーに入ったら、ロックからアイドルまで、いろいろなジャンルの音楽に関われるかな、と思ったのが入社のきっかけです。掲載している音楽のジャンルがとにかく広いので、いろいろな知識が必要だったり、仕事内容もニュースを書くのはもちろん、ライブレポートを書いたり、会見に行ったり、インタビューをしたり、ページのビジュアルを考えたり、メディアっぽいことをオールマイティーに求められるため、そこがけっこう大変です。印象的だったのは、昨年の8月にELLEGARDENが復活ライブでレポートを書いたこと。どの媒体も、とにかく早く記事を出したいという空気があり、ものすごくプレッシャーを感じながら作業していたのを覚えています。

中川さんが、そうしたプレッシャーでくじけそうなときに聴いているのは、Mrs. GREEN APPLEの曲。

中川:なかでも、ファーストフルアルバム『TWELVE』に収録されている『愛情と矛先』という曲が好きです。ミセスの曲はまさに人間の芯の部分を描いていて、くじけそうなときも自分を信じることができる曲です。将来の目標はいろいろありますが、ミセスさんに作品のお話を訊いてみたいです。お仕事お待ちしています!

■初ワンマンがよかった! 注目のアーティスト

中川さんが最近気になっているアーティストは「ずっと真夜中でいいのに。」です。

中川:この前、初のワンマンライブを見させていただいて、ものすごく素晴らしかったです。初めてとは思えないくらい堂々としたパフォーマンスで、ともかく歌が素晴らしかったです。中でも『秒針を噛む』はものすごくパワーがあって、一瞬で惹きつけられました。

【オンエアはこちら】ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』をradikoで聴く

中川さんの話を聞いた藤田は「ELLEGARDENの復活のレポートを担当するなんて、すごい!」と感心。DAOKOも「夢を感じますね!」とコメントしました。6日(水)と7日(木)も音楽業界の若手スタッフが登場し、気になるアーティストを紹介します。お楽しみに!

さらに、『SONAR MUSIC』では6日(水)に秋山黄色、7日(木)にアンテナがスタジオライブを行います。お聴き逃しなく!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時ー24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

【関連タグ】
DAOKO   SONAR MUSIC   ずっと真夜中でいいのに。   音楽   藤田琢己