阪神・上本「結果出すしかない」

左膝大けがからの復活目指す

©一般社団法人共同通信社

打撃練習する阪神・上本=宜野座

 阪神の上本が左膝の大けがからの復活を目指している。6日はフリー打撃で約9カ月ぶりにプロ投手の球を打ち「久しぶりだったので、とにかく速く感じた」と振り返ったが、浜中打撃コーチは「その割には振れていた。力はある程度分かっている。一つ一つクリアしていくこと」と話した。

 昨年5月に走塁で負傷。それまで打率4割2分2厘と絶好調だっただけに大きな痛手となった。国内フリーエージェント権を行使せずに残留した今季、定位置獲得に挑む二塁の守備では軽快な動きを見せる。7日のキャンプ初の紅白戦出場に意欲を見せ「結果を出すしかない。何とか食らい付いていきたい」と話した。(宜野座)