速水もこみち、“主婦モテ”した過去告白! すごすぎる『無人島キッチン』に視聴者「嫁にしたい」の声

©株式会社AbemaTV

『真冬の無人島で2泊3日0円生活バトルSP』“もこみち無人島キッチン”【ブランチ編】

 2018年の大晦日にテレビ朝日系地上波で放送された『大晦日!真冬の無人島で2泊3日0円生活バトルSP』。今回、AbemaTVでは地上波未公開シーンを大幅に盛り込み、10時間にわたって放送。よゐこ、吉田沙保里withBの戦いぶりを10時間の超拡大版でお届けした。

 無人島生活2日目、ついに速水もこみちが無人島に上陸した。無人島最強助っ人として登場したもこみちは、芸能界屈指のイケメン料理上手芸能人。もこみちが選んだ“無人島ワンアイテム”は、調味料一式。無人島で獲れた食材と、いったいどのようにコラボさせるのか。

 無人島生活参加前のインタビューでは、「無人島にいることによってストレスもあるから、とにかくそのストレスをなるべく減らすように、おいしい料理を作ることができたらいいなと思っています。(キッチンは)着く前にはでき上がっているんですよね? そういうやりやすい環境に仕上げてくださっているってことは、それなりのことを僕も、期待に応えて作らないといけないので」と語っていたもこみち。しかし、よゐこのキッチン造りは間に合わなかった。

 よゐこ・濱口が「これが私たちの本拠地です。キッチンどこやと思います~? もこみちさんクイ~ズ!キッチンはどこ?」と紹介すると、もこみちは何もない場所でキッチンを探し始めたが「裏にあるとかではなく、ここですよね? あれ? 話に聞いてたのとは違う……」と異変に気づいた。

 何もないスペースをキッチンとして紹介されたもこみちが「広さ的には全然作れると思う。もう少し高さがあると助かるかもしれない……」と必死にフォローすると、濱口は「優しい。言い方がすごい優しい」と感激した。

 キッチン造りはまったく間に合わなかったが、獲れた食材の数はものすごい。濱口が「獲れた食材です!めちゃくちゃ種類豊富なんですよ」と戦利品の魚介類を披露すると、もこみちは「すごい! 想像以上ですね。こんなに獲れるとは思っていなかった」と感心。もこみちが「模様が面白いですね」と手に取った水玉模様の魚は、モンガラカワハギ。

 もこみちが「これだけあると色々広がりがあるので。ちょっとどっかで僕も整理しつつ……」とやんわり告げると、濱口と有野は「今ちょっとパニックですか!?」と爆笑した。

 動揺気味のもこみちに濱口は「僕らは今何時なのかわからなくなっちゃっている。これが朝食なのか夕食なのかも分からない。ええ感じのブランチを作ってもらっていいですか」とリクエスト。もこみちは「分かりました!」と快諾した。

 普段は立って調理するもこみちだが、今回はしゃがんで作業する。果たして、どんな料理ができるのか。

 まな板に消毒スプレーをして下準備をするもこみちは、「何かあったら怖いので、その都度消毒していきながら」と説明。その横では、有野がもこみち専用の調味料棚をトンカチで製作していた。

 良かれと思って調味料棚を作る有野だが、トンカチの振動で調理を邪魔して怒られたり、調味料が大きすぎて収納できなかったりと散々だった。

 小麦粉に砂糖、塩、ぬるま湯を加え始めるもこみち。最後にオリーブオイルを少量回し入れると、濱口が「例のオイルや!」と興奮気味に反応。生地がまとまるまでよくこねた後は、丸めて生地を寝かせる。濱口が生地を寝かせるとどうなるのか尋ねると、もこみちは「しっかりと弾力もついてきます」と解説した。寝かせた後は、生地を手でちぎって丸めていく。

 ふさげた表情で生地を丸める濱口に、もこみちは「バッチリです」とこまめに褒め言葉をかける。それを見た有野は「優しい~」と感激していた。

 丸めた生地を麵棒で伸ばすもこみちに、濱口が「もこちゃんはいつ頃から料理が好きなんですか?」と“もこちゃん”呼びで質問。

 もこみちは「小学校の時に『料理の鉄人』を観て、それの影響が大きかったですね。料理人になりたかった。学校に自分で作ったパスタを提出したんですよ、自由研究的な感じで。そしたら友人のママがいっぱい集まってきて、『これはモテる』と。下心から始まった」と語った。

 実は、有野も料理人を目指していた過去があるという。有野が「今もすごいなりたいんです。でも、やらせてもらえるのは無人島でだけなんです」と明かした。

 続いて、熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、先ほど伸ばした生地を焼いていく。もこみちは一体何を作っているのだろうか。濱口は「無人島で嗅いだことがない匂いがする」、有野も「ああホンマや、おいしい匂い」と感激していた。

 料理完成前だが、もこみちが焼いた生地だけ試食させてくれるという。塩・コショウとオリーブオイルで味付けした焼きたて生地を食べたよゐこの二人は「何これ、おいしい! 魚いらんわ」と大絶賛。一緒に試食したカメラマンも、思わず「うめぇ」と叫ぶほどの出来栄えだった。

 モチモチ食感の生地が焼きあがったところで、魚の調理に入るもこみち。濱口たちが獲ってきた魚を一口大に切っていく。次に、マスタード・マヨネーズ・トマトケチャップ・塩・コショウ・オリーブオイル・パプリカパウダー・レモン汁を混ぜてソースも作る。

 味見をした濱口は「うまい。偉い外国人が作った味がする。ジョブズが作ったダシみたいな」と独特の表現で感想をコメント。もこみち特製ソースが完成した後は、先ほどさばいた魚をオリーブオイルでソテー。塩・コショウなどで軽く下味をつければ、濱口が「無人島とは思えない形と色や」と絶賛するほどの一品が完成した。

 これで終わりかと思いきや、もこみちはまだまだ止まらない。もこみちは「これ余りましたんで、カットして揚げていきます」と生地をサラダ油で揚げ始めた。直接生地を落とすと油が跳ねて危ないので、鍋肌を滑らせるように入れるのが“もこみち流調理術”だ。

 もこみちは、揚げた生地に砂糖を塗ってチュロス風のお菓子にアレンジ。再びカメラマンに味見をさせると、カメラマンがあまりの美味しさに「すんげぇうめぇ」と叫んだ。

 一同大絶賛の揚げ生地に持参したスパイスを加えて混ぜれば、“無人島トルティーヤセット”の完成だ。

 トルティーヤは、メキシコの伝統料理。お洒落にワンプレートにまとめたこの料理は、彩りがよく見た目も美しい。マヨネーズベースのソースを添えていただく。

 トルティーヤを食べたよゐこは「うんめぇ」「無人島にいるのに都会の味がする」ともこみちの料理を絶賛した。AbemaTVの視聴者コメントでも「もこさん嫁にしたい」「グルメ番組!」「もこみちすごすぎ」など、反響が殺到。番組はAbemaビデオで期間限定で無料視聴可能だ。

【期間限定・無料】『無人島0円生活』もこみち料理シーン《ブランチ編》▶︎動画はこちら(15分ごろ〜)

https://abema.tv/video/title/88-73

本編一覧▶︎【期間限定・無料】『実はここまでやっていた!よゐこvs吉田沙保里「無人島0円生活バトル」超完全版』

(C)テレビ朝日 (C)AbemaTV