立民辻元氏に外国人献金

1万円、指摘受け返還

©一般社団法人共同通信社

辻元清美氏

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は6日、関連する政治団体が2013年5月22日に外国籍の男性弁護士から1万円の献金を受けていたと明らかにした。一部メディアの指摘で判明し、5日に男性に返金して政治資金収支報告書の訂正手続きに入ったとしている。政治資金規正法は外国人からの献金を原則禁じている。

 辻元氏によると、この男性は14年6月19日にも、1万2千円を後援会会費として入金、翌15年に男性側の要請でいったん献金として収支報告書を訂正した。だが、事務所が外国籍であると気付き、国籍を問われない後援会会費に再訂正した。13年の1万円については確認が漏れたままだった。