ピレリスーパー耐久シリーズ、2019年も60台と盛況のエントリーへ。ST-Zも台数増か

©株式会社サンズ

 参加型のモータースポーツとして、近年多くのエントラントを集め盛り上がりをみせているピレリスーパー耐久シリーズ。その2019年の年間エントリーリストを、スーパー耐久機構(S.T.O)の協力のもと、入手することができた。まだリストは暫定ながら、今季も60台ほどのエントリーを集めそうだ。

 GT3カーで争われるST-Xをはじめ、GT4を使うST-Z、TCRのST-TCR、さらに多くの車種バラエティを誇るST-1/2/3/4/5と、多種多様なエントリーを集めるほか、プロドライバーからジェントルマンドライバー、さらに女性ドライバーと多様な挑戦が続けられているピレリスーパー耐久シリーズ。提供された暫定の年間エントリーを見ると、今季もファンにとって見応えの多いレースとなりそうだ。

 まずST-Xは、今季も10台を集めている。TBNも多いが、車種バラエティも7〜8種類ほどありそうで、すでに参戦表明を行ったマクラーレン720S GT3をはじめ見どころが多い。なお、ゼッケン83は『X Works』というチーム名になっているが、これはフェニックス・レーシング・アジアからの名称変更になりそうだ。

 GT4車両を対象にしたST-Zも、昨年までの年間エントリー2台から、5台に台数を増やしている。こちらもすでに参戦発表済みのチームが多いが、メルセデスAMG GT4やポルシェ・ケイマンといったGT4おなじみの車種に加え、KTMやジネッタといった車種が揃うのは楽しみなところだ。また、ST-TCRも9台がエントリーしそう。フォルクスワーゲン、アウディ、ホンダ・シビックといったTCRでおなじみの車種が揃うが、KCMGなど楽しみなチームも。GT4、TCRは近年世界的に流行しており、台数増加は自然な流れだろう。

 もちろんST-1/2/3/4/5も、これまでシリーズを盛り上げてきたメンバーたちがそろう。また、ST-2には『Honda R&D Challenge』という気になるチーム名もある。また各クラスともこれまでにないチーム名もあり、楽しみなところ。

「今シーズンも大変多くの皆さまにご参戦いただけることになりました。新しいチーム、車両も増え、また数年前にご参戦いただいていた方々が戻ってきてくれたことにも大変喜びを感じております」とコメントするのは、S.T.Oの桑山晴美代表。

「残念ながら今シーズン間に合わなかったチームや新たな車両も、2020年の参戦に向け、準備を進めていただいております。昨秋に発表をさせていただきました『スーパー耐久アジア』の効果も感じられ、アジアを中心としたお問い合わせが増えており、少しずつにはなりますが、スーパー耐久参戦に向けたコーディネートを地道に重ねていきたいと思います」

 今季もスーパー耐久は、参加型というスタイルを守りながら、そこで戦う人々を通じたドラマを演出してくれそう。桑山代表は「スーパー耐久規則書の理念にも書かせていただいておりますが、安全を第一優先に、単に順位を競い合うだけではない、モータースポーツを通して『人生に挑戦し続ける』ことで獲得できる人それぞれの『何か』を、今シーズンもスーパー耐久を通して、皆様により感じていただけましたら幸いです」という。

「各サーキットと力を合わせ、サーキットの特長を活かした大会をより創り上げていき、スーパー耐久の象徴的な大会『富士SUPER TEC24時間レース』も、昨年以上に皆さまにご満足いただけるよう力を注いでまいります」

 2年目を迎える富士SUPER TEC24時間レースはもちろん、各ラウンドで今年も熱いレースが展開されそう。アジア展開をはじめ、ますます飛躍していきそうだ。

ピレリスーパー耐久シリーズ2019 年間エントリーリスト ※暫定ST-X(10台)

No Team Entry vehicle

1 GTNET MOTOR SPORTS ニッサンGT-RニスモGT3

9 MP Racing ニッサンGT-RニスモGT3

31 apr ポルシェ911 GT3 R(991)

83 X Works アウディR8 LMS

112 SATO-SS SPORTS メルセデスAMG GT3

244 MAX Racing レクサスRC F GT3

300 TAIROKU RACING with B-MAX Engineering フェラーリ488GT3

720 McLaren Costumer Racing Japan マクラーレン720S GT3

777 D’station Racing TBN

TBN TBN TBN

ST-Z(GT4)(5台)

No Team Entry vehicle

3 ENDRESS SPORTS メルセデスAMG GT4

35 テクノファーストレーシングチーム ジネッタGT4

51 BEND ポルシェ・ケイマンGT4 CS

190 バースレーシングプロジェクト【BRP】 メルセデスAMG GT4

222 ケーズフロンティア・Syntium・KTM KTMクロスボウGT4

ST-TCR(9台)

No Team Entry vehicle

10 Adenau フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR

19 バースレーシングプロジェクト【BRP】 アウディRS3 LMS TCR

22 ハーネス TBN

45 Team Dream Drive アウディRS3 LMS TCR

65 Audi Team Mars アウディRS3 LMS TCR

75 Team Noah ホンダ・シビック・タイプR TCR

97 DOME RACING ホンダ・シビック・タイプR TCR

108 RFC ホンダ・シビック・タイプR TCR

501 KCMG ホンダ・シビック・タイプR TCR

ST-1(2台)

No Team Entry vehicle

47 D’station Racing ポルシェ911 GT3 Cup

998 TBN アウディR8

ST-2(5台)

No Team Entry vehicle

6 シンリョウレーシングチーム ミツビシ・ランサー・エボリューションX

7 シンリョウレーシングチーム ミツビシ・ランサー・エボリューションX

17 TEAM NOPRO マツダ・アクセラ・スカイアクティブ-D

59 TOWAINTEC Racing スバルWRX STI

743 Honda R&D Challenge ホンダ・シビック・タイプR

ST-3(7台)

No Team Entry vehicle

14 OKABEJIDOSHA motorsport ニッサン・フェアレディZ

15 OKABEJIDOSHA motorsport ニッサン・フェアレディZ

34 テクノファーストレーシングチーム レクサスRC350

38 TRACY SPORTS レクサスRC350

39 TRACY SPORTS レクサスRC350

62 Le Beausset Motorsports レクサスRC350

68 埼玉トヨペット Green Brave トヨタ・マークX

ST-4(11台)

No Team Entry vehicle

8 アプロスレーシング トヨタ・ヴィッツGRMNターボ

13 ENDRESS SPORTS トヨタ86

18 浅野レーシングサービス トヨタ86

28 TEAM DAMONDE トヨタ86

54 TC CORSE マツダ・ロードスター

86 TOM’S SPIRIT トヨタ86

100 SPVレーシング トヨタ86

104 TEAM DAMONDE トヨタ86

116 キャプテンハーロック・レーシングチーム ホンダS2000

310 C.S.I Racing トヨタ86

884 林テレンプ SHADE RACING トヨタ86

ST-5(11台)

No Team Entry vehicle

4 チーム BRIDE ホンダ・フィット3

37 TEAM NOPRO マツダ・デミオ・スカイアクティブ-D

50 LOVE DRIVE RACING マツダ・ロードスター

66 OVER DRIVE マツダ・ロードスター

69 J’S RACING ホンダ・フィット3

70 J’S RACING ホンダ・フィット3

78 LOVE DRIVE RACING マツダ・ロードスター

88 村上モータース マツダ・ロードスター

101 HMRacers マツダ・デミオ

168 RFC ホンダ・フィット3

888 TEAM CELLECTON ホンダ・フィット3

ENDLESS SPORTSが投入するメルセデスAMG GT4
チームゴウが公開したマクラーレン720S GT3のイラスト。かつてのラーク・マクラーレンのカラーリングを想起させる
C,S,I Racingのトヨタ86
ピレリ・スーパー耐久のST-Zクラスに参戦するKTMクロスボウGT4
TAIROKU RACING with B-MAX ENGINEERINGが2019年ピレリ・スーパー耐久シリーズST-Xクラスに投入するフェラーリ488 GT3