綾瀬はるかが“大人なレディ”に変身! 34歳を前に「年齢だけ聞くと大人だなって(笑)」と自然体

©株式会社東京ニュース通信社

セイコーウオッチ株式会社は、ルキアのイメージキャラクターを務める綾瀬はるかが出演する動画「時計をする。私が変わる。」を公開。合わせて、メーキングと独占インタビュー動画も公開中だ。

本動画では、新発売となる腕時計、セイコー ルキア「Lady Gold」を身に着けた綾瀬が、強くしなやかな女性を演じながら持ち前の凜とした声で大人の女性としての秘訣(ひけつ)を語っている。真剣なまなざしや、無邪気な笑顔など、さまざまな表情を見せる綾瀬に注目だ。

メーキングでは、どの角度から見ても美しく魅力的な綾瀬の姿を収めている。本動画でも見せている大人な表情はもちろん、撮影の合間に笑ったり、突然踊りだしたりと、自然体でチャーミングな姿は必見だ。

今回の撮影について綾瀬は、「とても大人っぽいゴージャスな感じの撮影でしたね。ミラーに向かって自分に自信を持って笑ったりとか、クールに決めたり。ゴールドの時計を着けることで、大人っぽいっていうか、また違う自分になったみたいな感じで、カメラ前に立てた気がします」と振り返った。また、“ゴールド”は綾瀬にとって特別な色で、「最上級の豪華な色っていうイメージです。お出掛けの時やおしゃれしたいなって時には、ゴールドのイヤリングを着けたりします」と告白。さらに、腕時計を着けることは、「大人な感じがします。きちんとしたものを身に着けて、ちゃんと時間を気にして生きてるっていう。ルキアは時計とデザインがあるものっていうものを一緒に着けられるので、一石二鳥みたいな(笑)」と笑顔を見せた。

綾瀬にとって“大人なレディ”とは、「どんなことが起きても、最終的にポジティブに対応できる、ちゃんと発想の転換ができる人を見るとすごいなって思いますね。基本的に私は、ウジッてしているところがあって。そんな時に、『でも逆にこうだから良かったんじゃない?』って言われると、さすがって感じます。かっこいいって思いますね」と口にした。

3月24日で34歳を迎える綾瀬だが、自身が“大人なレデイ”になったと感じる時は、「年齢だけ聞くと、大人だなって思いますね(笑)。外食の楽しみ方みたいなことが分かってきたり、普段あまり着ない洋服を着てみようと思うのも、大人になったからできることだなって思ったり。20代前半だと、少しスポーツっぽい時計が好きだったんですけど、30代に入っていくとエレガントな時計を着けている人に目が行ったりとかして、そんなふうに時計を着けられるようになりたいなって思いますね」と心境を明かした。また、女優として、守っている“ルール”について聞くと、「当たり前かもしれないですけど、時間…ああ、できてないかもしれないですけど、時間を守る。できれば5分前に行かなきゃって心づもりではいるんですけど、できてないこともあるんですけどね(笑)」とはにかんだ。