オリ西の人的補償で加入、竹安が打撃練習に登板 7日、パ・リーグキャンプの見所

©株式会社Creative2

オリックス・竹安大知【画像:(C)PLM】

ロッテは石川、涌井、松永がブルペン入り

 2月7日、ロッテとオリックスは今日から第2クールへ突入。シート打撃に投手が登板するなど、紅白戦やオープン戦に向けて実戦的な練習が増える。キャンプ開始から7日目、各球団の春季キャンプの見どころをご紹介したい。

〇楽天は両エースや新戦力が投内連携に参加、身体能力に優れた2人の特守も

 楽天では則本と岸の両エースに加え、福井やブセニッツといった新戦力もメイン球場での投内連携に参加。同じく新戦力の浅村や、ルーキーの辰巳、太田、小郷らと早い段階で安定した連携を構築できるかに注目だ。また、練習終了後の個別練習では島内とオコエが外野の特守に参加する予定だ。共に高い身体能力を持つ2人が現段階でどれだけのプレーを見せてくれるかは、キャンプの中盤以降に向けても重要な要素になってきそうだ。

〇西武“第5の内野手”投手陣の強打ノックに注目

 西武は10時から全体練習がスタート。投内連携では重盗、バントシフト、ランダウンプレーなどを想定したメニューが行われ、実戦さながら練習が見られそうだ。午後の打撃練習には左膝の故障から復活を目指す佐野、3年目の田村、ルーキーの森脇が登板し首脳陣へのアピールを目指す。また登板しない今井や多和田ら10選手は強打ノックに参加。投球後は第5の野手と呼ばれるほど重要な投手の打球処理だが、コーチ陣からの痛烈なノックをどのようにさばくのか。

〇ロッテ石川、涌井のブルペン入り、若手の特守に注目

 ロッテでは石川、涌井、松永がまずブルペン入りし、その後には東妻や成田など計10選手が投球練習を予定している。大谷、酒居ら6選手は、12時30分からシート打撃へ登板。午後は個別練習やウエートトレーニング、リカバリートレーニングと続く。野手は午前中からフリー打撃、シートノック、シート打撃。午後には平沢、松田、宗接の個別打撃練習、鈴木の内野特守などが予定されている。さらなる飛躍を目指す若手たちが汗を流す姿に注目したい。

〇オリックス、阪神から移籍の竹安が打撃練習に登板

 オリックスではFA移籍した西の人的補償で移籍した竹安ら5人がバッティングピッチャーを務める予定。若手の多い投手陣がどのようなピッチングを見せてくれるのか楽しみだ。全体練習終了後には白崎、福田、小田、武田の4人の特打、山足、西野、西浦、佐野に加えて捕手陣3人の特守が予定されている。若手や中堅の多い編成なだけに、基礎技術の確かな向上につながる個別練習もチェックしておいて損はなさそうだ。

〇期待のルーキー2名を含む、4投手が打撃投手として登板予定

 ソフトバンクでは武田、二保、甲斐野、板東の4人が打撃投手として主力打者たちにボールを投じる予定だ。とりわけ、ルーキーの甲斐野、板東の2人が、柳田、中村、内川、松田、上林といった錚々たるメンバーに対してどんなピッチングをするのかには注目が集まりそう。ルーキーイヤーから1軍で研鑽の機会を与えられた2人は、並み居る好打者たちに対して自らの実力を改めてアピールできるだろうか。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)