【コパ・デル・レイ】1stレグの”エル・クラシコ”は両者譲らずドロー!伏兵マウコムが貴重な同点弾を挙げる

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

コパ・デル・レイ準決勝1stレグが6日に行われ、バルセロナが本拠地カンプ・ノウにレアル・マドリードを迎えた。

【コパ・デル・レイ】メッシがレアル戦メンバーリスト入り!デンベレは欠場が確定

コパでは2014年決勝ぶりとなった”エル・クラシコ”。バルサは出場が危ぶまれていたエースのリオネル・メッシがベンチ入りを果たし、決戦に向けほぼ理想のスカッドが揃った。対するレアルも、負傷者が順調に復帰を果たしたことで、カゼミロとガレス・ベイルのベンチスタート以外ベストメンバーが名を連ねた。

【コパ・デル・レイ】クラシコ続く日程にソラーリ監督が嘆き節「意図的じゃない事を願うよ」

両者にとってまず初めに欲しいものは先制点だったが、ゲームはいきなり動き出す。5分にレアルの超新星ヴィニシウス・ジュニオールが左サイド敵陣深くからファーサイドにクロスを上げると、カリム・ベンゼマが絶妙なトラップでDFと入れ替わり、ラストパスを供給。最後はルーカス・バスケスが冷静に流し込み、レアルが貴重なアウェイゴールを決める。

【ラ・リーガ】モドリッチの夏退団は無し?レアルが新契約オファーへ

劣勢に立たされたバルサは、メッシの登場を待つサポーターの声援がスタジアムに鳴り響く中、代わって先発出場となったマウコムが大仕事をやってのける。57分にディフェンスラインの背後に抜け出したジョルディ・アルバがGKと一対一となり防がれると、ルーズボールに反応したルイス・スアレスが左足でシュート。これはポストに嫌われてしまうが、こぼれ球を拾ったマウコムが落ち着いて左足を振り抜き、バルサが伏兵の一撃で同点に追い付く。

【ラ・リーガ】ラキティッチ代理人が去就について明言「今夏にバルサを出て行くことはない」

歓喜に沸くカンプ・ノウがさらに盛り上がったのは64分。バルサが満を持してメッシを投入すると、レアルも負けじとジュニオールに変えてベイルをピッチに送りこむ。役者が揃い、テンションが最高潮に達した一戦は、お互い譲らず1-1のドロー。ほぼイーブンの結果で1stレグを終えた。

注目のクラシコはドロー決着に