土砂投入作業続く 荒天でカヌー抗議行われず 名護市辺野古の新基地建設工事

©株式会社琉球新報社

 【辺野古問題取材班】名護市辺野古の新基地建設で7日、沖縄防衛局は大浦湾側のK9護岸で台船からダンプカーに土砂を積み込み、埋め立て区域へ土砂を投入する作業を続けた。 

 荒天のため、カヌーによる抗議は行われておらず、新基地建設に反対する市民らは抗議船1隻から埋め立て作業に抗議した。7日午前段階で、大浦湾のフロート内には土砂を積んだ作業船4隻が確認された。【琉球新報電子版】