衆院新潟6区くら替え「党本部は了解」 風間氏改めて出馬の意向

©株式会社新潟日報社

衆院新潟6区へのくら替えの意向を改めて示す風間直樹参院議員=6日、県庁

 今夏の参院選新潟選挙区(改選数1)で任期満了となり、衆院選新潟6区にくら替えするとしている立民県連副代表の風間直樹参院議員が6日、新潟県庁で記者会見した。くら替え案に立民県連から反対の声が上がっているが、風間氏は「党本部の了解は得られている」として6区で出馬する意向を改めて示した。

 衆院6区では国民県連代表の梅谷守氏が立候補を予定し、野党共闘態勢の構築を進めている。立民、国民、社民の各党県連と連合新潟は1月末に梅谷氏を支援する方向で一致した。

 こうした状況に対し、風間氏は会見で「国政選挙の公認権は党本部が持っている」と強調。党本部との綿密な協議の上でくら替えを表明したとし、梅谷氏と議席を争うことになっても「党本部の判断に従ってしっかりやりたい」と述べた。

 県連内の調整については「(県連代表で衆院議員の)西村智奈美さんにお任せしている」と繰り返し、「機会があれば私の意思を説明したい」と語った。

 風間氏は1月に国会で記者会見し、参院選不出馬とくら替えの意向を表明したが、県内での説明を望む声があったとして会見した。

 衆院6区では自民党現職の高鳥修一農林水産副大臣も出馬を予定している。