東証反落、122円安

トヨタ業績下方修正響く

©一般社団法人共同通信社

東京証券取引所

 7日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。トヨタ自動車の業績下方修正が響いて製造業全般の先行きに不透明感が増した。終値は前日比122円78銭安の2万0751円28銭で、約1週間ぶりの安値となった。

 東証株価指数(TOPIX)は13.10ポイント安の1569.03。出来高は約12億5千万株。

 トヨタ自動車は6日、2019年3月期の連結純利益予想を引き下げた。同社の業績は幅広い産業の浮沈に影響することから、市場では「投資家心理の悪化につながった」(国内証券)との声があった。トヨタ株は7日も続落した。