【お得情報:大回り】東京と京都を往復するより金沢に寄った方が安い!

©遠藤康史

東京都区内から東京都区内までの切符を買おう!

百聞は一見にしかず。まずは実際に購入した切符をご覧ください。

東京駅から東海道新幹線に乗って京都駅へ

京都駅からサンダーバードに乗って金沢駅へ

金沢駅から北陸新幹線に乗って東京駅へ

という工程を考えたのですが

普通運賃はなんと13,820円。

ちなみに東京と京都の片道運賃は8,210円。往復で16,420円。

その差2,600円。

乗り継ぎ割り引きを使って特急券を購入しよう!

一方特急券はというと、東海道新幹線「のぞみ」の指定席特急料金は5,700円。往復で11,400円。金沢経由だと、東海道新幹線の指定席特急料金が5,700円。そしてサンダーバードの特急料金が2,900円と北陸新幹線の指定席特急料金が6,780円かかるのですが、新幹線と在来線を当日中に(在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は当日か翌日に)乗り継ぐ場合は、サンダーバード(在来線)の特急料金が半額になるという特典があります。 そうすると、5,700円+1,450円+6,780円=13,930円。東京と京都を東海道新幹線で往復した場合の特急料金11,400円との差額は2,530円。つまり、普通運賃の差額2,600円と合計しても70円ほど大回りのほうが安くなります。

金沢と東京を往復する場合も、京都経由で大回りしたほうが安くなる!

さらに東京と京都を往復するより、もっとお得になるのが東京と金沢の往復。東京から往復とも北陸新幹線を使った場合、往復の指定券特急料金と運賃合わせて28,240円。先ほどの大回り切符の合計は27,750円。京都経由で帰ったほうが490円お安くなります。

注意ポイント:京都駅で途中下車は出来ない。

実は山科駅と京都駅の間は厳密に言うと「一筆書き」ではなく、「往復乗車」になります。ただ、新幹線や特急が止まらないため、京都駅で途中下車しないことを条件に一筆書きの切符を発行してもらえます。ただ、実は山科駅から京都駅までの乗車賃190円×往復=380円を支払うと京都駅の改札を出ることができます。乗車券には「山科駅下車代」と押印されます。そして京都駅から乗車するときは山科駅までの190円分の乗車券を買えばOK!これで京都と金沢の古都の旅を楽しむ準備が完了です。

準備ができたら古都の旅を楽しもう!

で、実際に大回りを体験して来ました。

京都から、特急サンダーバードに乗車。

金沢でもお寿司をいただきました。

そして今回の旅の目的は「花嫁のれん号」に乗ること。

そして、金沢からは北陸新幹線で帰京するわけです。

東京都区内からじゃなくても大回り切符は買える。

ちなみに、東京都区内からじゃなくても大回り切符は買うことができます。こちらは友人が購入した藤沢駅から藤沢駅の切符。関西方面の方は京都発京都行きの切符のレポートがこちらのサイトに詳しく書かれております。

さらに有効期間も長くなる!

いかがでしたか?

金沢や京都の往復だけでなく、そもそも金沢と京都を観光する予定の方は・大回り切符を買って・乗り継ぎ割り引き切符を同時購入することをオススメします。いろんな車両に乗れますしね。さらに、上記に掲載した切符の有効期間を見ていただくとなんと、・7日間!!!つまり実家が京都や金沢にある方でしたら、大回りで買って、5日くらい滞在したあとに、帰りにちょっと寄り道して観光して帰ってくるといったことが出来るわけです。ちなみにこういったキャンペーンが大々的に報じられないのはJR東日本とJR東海とJR西日本の3社にまたがる切符のためだったりすると思うのはうがった見方でしょうか。こうした切符は京都と東京だけでなく、いろんなエリアでありますので、家族旅行の際に覚えておくとチリツモでオトクになりますよ。というわけでよい「鉄分」を!