東京円、110円近辺

©一般社団法人共同通信社

 7日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=110円近辺で取引された。午後5時現在は前日比25銭円安ドル高の1ドル=109円91~93銭。ユーロは10銭円高ユーロ安の1ユーロ=124円78~82銭。

 ドイツの経済指標悪化で欧州景気の先行きが警戒され、対ユーロでドルを買う動きが円相場に波及。円が売られてドルが買われた。米長期金利の持ち直しに伴い、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いも入った。

 一方、日経平均株価が軟調に推移し、相対的に安全な資産とされる円を買う動きもあった。こうした動きから「1ドル=110円台が定着しない」(外為ディーラー)との見方も出た。