関西ジャニーズJr.が登場! 先輩・大倉忠義&横山裕が語る魅力とは?

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系のドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME」(金曜深夜1:25、関東ローカル)の2月8日放送回からは、「はじめまして、関西ジャニーズJr.です!」と題して、現在関西で人気過熱中、さらにその人気が全国に拡大中の関西ジャニーズJr.を特集する。

同番組はエンターテインメントのバックステージを描く新しいドキュメンタリーで、一つのテーマに長期密着取材し、複数週にわたってそのテーマを深く掘り下げる。第5弾で特集する関西ジャニーズJr.は、下は小学生から上は20代まで、総勢50人以上からなる大所帯。昨年秋、関西ジャニーズJr.としては約4年ぶりとなるユニット「なにわ男子」が誕生するなど、さらに盛り上がりを見せており、昨年末に行われた伝統・大阪松竹座での約1カ月に及ぶクリスマス公演、そして年明けの大阪城ホール2DAYSでは、合わせて約10万人を動員している。

そんな彼らのサポート役を買って出たのは、関西ジャニーズJr.出身の先輩で、関ジャニ∞の大倉忠義と横山裕。大倉はジャニーズJr.時代の自分と重ね合わせて「孤独や不安を抱えていても、相談できる相手がいない中やっているのではないかと思った。彼らのために何か手伝わせてもらいたいと思った」という。クリスマス公演でもバラエティーコーナーの演出を担当した横山も「すごいなと思うような面白い子たちがたくさんいる。その子たちを輝かせたい」と思いを語っている。

2月8日放送の第1話では、大阪松竹座でのクリスマス公演に向け、歌や踊りのみならず、笑いやバンド演奏のスキルを磨き続ける稽古場での日々に密着。なにわ男子のセンターを務め、単独でCMや連続ドラマに出演している西畑大吾は、「僕を知っていただけることで、関西ジャニーズJr.や、なにわ男子を好きになってくれたら」と飛躍を誓っている。