四大陸フィギュア、SP坂本2位

米国で開幕、紀平は5位

©一般社団法人共同通信社

女子SP 演技する坂本花織=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は7日、米アナハイムで開幕し、女子ショートプログラム(SP)で2連覇を目指す坂本花織(シスメックス)が2連続3回転などの全てのジャンプを決め、今季自己最高の73.36点で2位につけた。

 グランプリ(GP)ファイナル女王で左手薬指を亜脱臼している紀平梨花(関大KFSC)は冒頭に挑んだ大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半となり、68.85点で5位。2017年大会覇者の三原舞依(シスメックス)は65.15点で8位だった。