JR東、長い「鼻」の新幹線公開

新型試験車両

©一般社団法人共同通信社

公開されたJR東日本の新型試験車両「ALFA―X」=8日午前、山口県下松市

 JR東日本は8日、次世代新幹線開発に向け製作中の新型試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」を山口県下松市の日立製作所笠戸事業所で報道関係者に公開した。10両編成のうち先端部分の「鼻」が長さ約22メートルある10号車で、完成時期は今年5月を見込んでいる。

 JR東によると、アルファエックスは川崎重工業が1~6号車、日立が7~10号車の製造を担当。1号車は鼻が約16メートルあり、両端を異なる形状にすることで、トンネル進入時の車体への圧力などの違いを分析する狙い。

 新幹線の最高時速は現在320キロで、JR東は40キロアップを目指している。