マツダ、専用色「レーシングオレンジ」を採用した「MX-5」30周年記念車を世界初公開

©株式会社モータープランニング

マツダは2019月2月8日、「MAZDA MX-5(日本名:マツダ ロードスター)」の誕生30周年を記念し、専用色「レーシングオレンジ」を採用した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を、2月7日から2月18日まで開催されるシカゴオートショーにおいて、世界初公開した。
[(https://autoprove.net/mazda/roadstar/179815/attachment/p1j16439l/)

マツダは「このクルマはもはやマツダのものではなく、お客さまのものである」と考え、「MX-5」を育てたすべての人々に感謝の気持ちを伝えるため、そしてこれからの「MX-5」への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系の特別色「レーシングオレンジ」を開発した、という。
[(https://autoprove.net/mazda/roadstar/179815/attachment/p1j16440l/)

「MX-5」30周年記念車は、この「レーシングオレンジ」のボディカラーに加え、RAYS社とMX-5用に共同開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)および、シリアルナンバー付オーナメント等を特別採用し、ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデル合わせて世界3,000台限定で販売する。

【特別装備一覧】

・ボディカラー:レーシングオレンジ
・RAYS社製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)
・“30th Anniversary”オーナメント(シリアルナンバー付)
・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート
(ブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー)
・RECARO社製シート
・BILSTEIN社製ダンパー(MT車のみ)
・Brembo社製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・NISSIN社製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
・Boseサウンドシステム(AUDIOPILOT™2)+9スピーカー
・Apple CarPlay、Android Auto™対応(市場によって異なります)

【「シカゴオートショー」におけるマツダの出品一覧】

・市販予定車:
MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition [世界初公開]
・市販車:
MAZDA3、 MAZDA6、 MAZDA CX-9、 MAZDA CX-5、 MAZDA CX-3

「マツダ ロードスター」30周年アニバーサリーサイト(日本国内)