北朝鮮、軍創建記念日で対応抑制

米朝再会談控え

©一般社団法人共同通信社

北朝鮮の朝鮮人民軍創建71年の記念日を迎え、平壌の「万寿台の丘」に献花に訪れた軍人ら=8日(共同)

 【平壌共同】北朝鮮は8日、朝鮮人民軍創建71年の記念日を迎えた。米朝首脳再会談を今月末に控える中、昨年実施された軍事パレードは行われず、国営メディアも核・ミサイルへの言及を控え、抑制的な対応を見せた。北朝鮮で重視される5年ごとの節目ではない上、米国との非核化交渉が進行中であることを考慮し控えめにしたようだ。

 首都平壌は同日、氷点下10度を下回る厳しい寒さ。中心部の「万寿台の丘」に立つ故金日成主席と故金正日総書記の銅像の前には、朝から軍人や市民らが献花に訪れた。

 8日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は社説で「軍の不敗の威力を力強く誇示するべきだ」と強調した。