ヤクルト五十嵐、違和感から回復

「状態は上がってきている」

©一般社団法人共同通信社

投球練習するヤクルト・五十嵐=浦添

 右ふくらはぎ付近の違和感などで全体練習から外れているヤクルトの五十嵐が、2日続けてブルペンで捕手を立たせて速球を投げ込んだ。「体の状態は上がってきている」と順調な回復ぶりを示した。

 右足にアップシューズ、左足にはスパイクを履いて投げた。「再発は避けたい。大事にメニューをこなしている」と慎重に話した。(浦添)