ロシア、東京パラ参加に道

IPCが条件付き処分解除

©一般社団法人共同通信社

記者会見するIPCのパーソンズ会長=8日、ボン(共同)

 【ボン(ドイツ)共同】国際パラリンピック委員会(IPC)は8日、ドイツのボンで記者会見を開き、国ぐるみのドーピング問題で2016年8月から資格停止となっていたロシア・パラリンピック委員会(RPC)の処分を条件付きで3月15日までに解除すると発表した。ロシアは20年東京パラリンピック参加に大きく前進した。

 IPCのパーソンズ会長は、ロシア選手が特別なドーピング検査の要件や6カ月ごとの報告書提出など新たな条件を満たせば、東京大会に国旗や国歌を使用してロシア選手団として出場できるとの考えを示した。