部員4人から全国区を目指し…公立の室戸高女子硬式野球部の奮闘

©株式会社Creative2

室戸高校女子硬式野球部の活動の幅は広がっている【写真:大森雄貴】

高知県立室戸高校が同好会から2014年女子硬式野球をスタート

 今から12年前、第79回の選抜高校野球大会。室戸高校は初出場ながら、報徳学園(兵庫)、宇部商(山口)を破り、ベスト8まで勝ち上がった。学校の名前を聞いて、この時の快進撃を思い起すファンも多いだろう。

 室戸は野球熱が高く、勝ち上がってくたびに、街は盛り上がりを見せた。しかしその後は、顧問の異動などもあり、甲子園から遠ざかった。学校の生徒数は減少傾向。全国的な問題でもある少子化の波が押し寄せた。そのような状況の中、学校及び、市の活性化の願いもあり、2011年、同校は女子野球部設立の取り組みを始めた。

 2014年、部員はたった4人からのスタートだった。同好会を経て、翌年に創部。徐々に部員は増え始めた。今でこそ、女子硬式野球部のある高校は増えたが、創部当初は全国的に少なく、練習試合をするのも一苦労。県外の専門学校や大学生と試合をすることが続いた。

 ただ、地元のバックアップ、野球の環境が揃っているのは大きかった。

 室戸市中央公園グラウンド、室戸マリン球場、室戸高校グラウンドと、硬式野球ができる十分の広さのある場所を確保でき、室戸市の協力もあって、室戸市中央公園相撲場や、室戸マリン球場に隣接する室内練習場も使用することができる。

 また、女子野球部設立当時から、部を応援している高知県議会議員の弘田兼一氏を中心に、「めざせ全国優勝!『室戸高校女子硬式野球部強化プロジェクト』」と題したクラウドファンディングを開始。遠征費や施設面の整備の資金を集めるなど、予算が限られる公立高ならではの新しい取り組みも行っている。県外への練習試合のために使用する専用バス、選手たちが苦楽をともにする合宿所「いさな寮」など施設も充実しているのも、選手にとってはうれしい。

四国IL高知がサポート、元G駒田氏が特別顧問で指導

 昨年12月21日にはプロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドックスが室戸高校女子野球部を指導、支援することが発表になり、元巨人の駒田徳広監督が特別顧問に就任。直接、指導を受けられるなどそのほかにも多くの支援を受けられることになった。活動の幅はどんどん広がっている。

 2018年4月より同校の顧問を務めている横田尊氏は「男子と女子では考え方の違いはある。体の構造も異なるため、それらを考慮した指導をしたい」と野球技術を伸ばしていく考えを明かした。廣瀬法民校長は「第一に、校訓である“真・善・美”の調和のとれたチームづくりを目指している。そして、文武両道を全うする。それは、これまでの進学率などの実績にも表れている。さらに、この室戸の地で、野球だけではなく、将来的に社会で生きる人を育てている」と語るように、女子野球を通じて、技術力と人間力の両面を育てていく基本理念がうかがえる。室戸女子野球部の選手たちは、充実した野球環境の中で、野球のみならず、勉学にも励んでいる寮生活では、日によって料理も自分たちで調理しまかなっている。高知県内大手スーパー「室戸ショッピングセンター」とのコラボ弁当の企画、開発もこれらの経験から生まれている。

 現在では、四国内でも2018年に創部が発表された新田高校(愛媛)や2019年4月から始動する高知中央高校など、徐々に足並みが揃ってきた。現在、全国高等学校女子硬式野球連盟加盟校は、室戸高校と広島県立佐伯高校を除いては、全て私立学校である。私立学校であれば、スポーツクラスや豊富な予算などが組まれていることも多いが、費用がかかってしまう。室戸高校は県立学校ながら、充実なグラウンド設備と寮施設に加え、非常に協力的な室戸市の姿勢もうかがえる。

 ただ、現在の部員数は2年生が6人、1年生が4人とギリギリの人数で活動している。新入部員の入部は学校としても必須であり、入部を希望する選手も、学年が上がればレギュラーになる確率は限りなく高い。公立で地元の支援を大きく受けられる室戸高校は全国からの野球女子を待っている。(大森雄貴 / Yuki Omori)