寒波、きょう関東降雪予想

県内、積雪の恐れ

©株式会社茨城新聞社

関東は低気圧や寒気の影響で9日の朝から夜にかけて広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪になりそうだ。東京23区でも9日夕までの24時間に多い地域で5センチの降雪が予想されている。気象庁は8日、交通障害や路面凍結、電線や樹木への着雪に警戒を呼び掛けた。

気象庁によると、東日本の上空約1500メートルに氷点下6度以下の寒気が流れ込むほか、伊豆諸島付近に低気圧が発生し、発達しながら東寄りに進むとみられている。

9日午後6時までの24時間の予想降雪量は、多い地域で関東南部の平野部、箱根から多摩や秩父にかけての地域10センチ、関東北部8センチ。11日にも別の低気圧の影響で東京などで雪が降る可能性があるとしている。

8日は札幌市の上空約1500メートルに1957年の統計開始以来最も低い氷点下24.4度の寒気が入り、同市の中心部は日中でも氷点下12度ほどまで厳しく冷え込んだ。

北から流れ込む寒気と低気圧の影響で、県内は9日、正午前から広い範囲で雪か雨となる見込み。水戸地方気象台は降雪による路面凍結や交通機関の乱れに注意を呼び掛けている。

同気象台によると、県内の予想降雪量は多いところで8センチ、最高気温は2度の見込み。