バレンタインに、ピンク豆腐とチョコ豆腐いかが 神川のヤマキ醸造 美肌・健康の効果も ネットでも販売

©株式会社埼玉新聞社

 埼玉県神川町下阿久原のヤマキ醸造は、バレンタインに向けてピンク色のビーツ豆腐とチョコ豆腐を今年も販売している。豆腐の風味や食感を生かし、バレンタインの要素を入れ込んだ新しい創作豆腐だ。

 ビーツ豆腐には抗酸化力が強いポリフェノールやミネラル、ビタミン、食物繊維をバランスよく含む「ビーツ」をたっぷりと入れ、ビーツの天然色素でほんのり幸せなピンク色にしている。美肌や貧血、高血圧にも効果的という。

 チョコ豆腐はベルギー産スイートチョコを使用。まろやかな豆乳にチョコを溶かし込み、天然にがりで寄せている。「甘いものが苦手な人にもお薦めです」とアピールしている。

 塩でビーツ豆腐を食べるとさらに大豆の香りとビーツの風味が楽しめると説明。それぞれの豆腐を白和えにしてもおいしい。

 価格は170グラムで324円(税込み)。14日までの金、土、日曜日の期間限定で販売している。ネットショップでも売っており、配送日は8日と12日を予定。

 問い合わせは、ヤマキ醸造(電話0274.52.7000)へ。

バレンタインの要素を盛り込んだチョコ豆腐(左)とビーツ豆腐