時間制限なし300円!! 大学生対象に「フリータイム」 カラオケまねきねこ

©株式会社上毛新聞社

写真はイメージ。2018年10月22日付紙面より

 カラオケチェーン最大手のコシダカ(前橋市大友町、腰高博社長)は、国内で展開する「カラオケまねきねこ」の全店舗で、大学生らを対象に税抜き300円のフリータイム料金(日時限定)を新たに設けた。関東で試験的に始めたところ行列ができる店舗も出ており、新規顧客の開拓に向けサービス地域を広げた。

◎試行好評 全店舗で展開

 新たなサービスは「まふ(まねきねこのフリータイム)」。日曜から木曜(祝日と祝日前日を除く)の午後6時以降、1人税抜き300円で制限時間なく利用でき、ドリンクバーが付く。カラオケ利用以外にも友人との談義などに使うこともできるという。

 同社はこれまでも低価格サービスを積極的に実施してきた。高校生向けの「ZEROカラ」(部屋代無料、1人1品以上を注文)や、午前中の利用者向けに「朝うた」(部屋代30分税抜き10円、1人1品以上注文)を設けている。

 ただ、高校卒業後の18~22歳を対象とした「ZEROカラ+(プラス)」(部屋代半額)の利用は伸び悩んでおり、大学生や短大生、専門学校生(学生証提示とアプリ登録が必要)にターゲットを絞った新しい料金体系を設定した。

 1月15日から本県を含む関東1都6県で試験的に開始した。同社によると、東京都内の店舗では開始時間前に20~30人の行列ができるほど好評で、1月28日から全国展開に切り替えた。3月14日まで行う予定。

 導入店では1月15~31日の利用者数が前年同期と比べて10%以上増えている。同社は「ファミリーレストランに長期滞在していた大学生らを取り込みたい」としている。