東京五輪ボラ、説明会を開始

組織委と都、意向確認も

©一般社団法人共同通信社

東京五輪・パラリンピックのボランティアのオリエンテーションに招かれた人(右)=9日午前、東京都千代田区

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は9日、競技会場や選手村で活動する大会ボランティアや、駅などで道案内を行う都市ボランティアの応募者に対し、活動内容の説明や意向確認の面談などを実施する「オリエンテーション」を始めた。

 この日、東京都千代田区の会場では、都の担当者が、都市ボランティアの応募者に活動時間や役割などを説明。「緊張せず、来年の夏一緒に活動するかもしれない人と楽しんで」と呼び掛けた。応募者はメモを取りながら熱心に聞いていた。

 組織委が目標8万人とした大会ボランティアには、20万人超が応募した。