ニッサンGT-RニスモGT3はスーパーGT GT300クラスで6台に。GAINERには石川京侍が加入

©株式会社サンズ

 日産自動車/ニスモは2月9日、神奈川県横浜市の日産グローバル本社ギャラリー内のホールで2019年モータースポーツ活動計画発表会を行い、このなかで2019年にスーパーGT GT300クラスにニッサンGT-RニスモGT3で参戦する6台を発表した。昨年からは台数増となる。

 日本車で初めてのGT3カスタマーレーシングカーとして、世界各国で戦うニッサンGT-RニスモGT3は、2012年にGT300クラスにデビュー。2015年にGAINERがチャンピオンを獲得するなど、GT300の多くのチームに愛用されているマシンと言える。

 そんなニッサンGT-RニスモGT3は2018年にエンジン搭載位置が改良されるなど大きく改良を受け、GT3オフィシャルパートナーチームとしてGAINERが2台をスーパーGTに投入。第4戦タイで初優勝を飾るなど、タイトルを争う実績を残した。

 2019年に向けては、引き続きGT3オフィシャルパートナーチームとなるGAINERの2台に加えて3台の2018年モデルが参戦することになった。1台は、すでにGT300挑戦が表明されているKONDO RACING。こちらはGAINERと同じGT3オフィシャルパートナーチームに加わった。

 そしてもう1台は『X WORKS』というチーム名となっているが、昨年までスーパー耐久を戦ったフェニックス・レーシング・アジアと言われている。また、18年までは旧モデルだったTOMEI SPORTSも18年モデルを投入する。

 一方、2018年までDIJON Racingとして参戦していたチームは、新たにガレージの名称であるNILZZ Racingとして参戦することに。こちらは2018年までと同様の2015年モデルでの参戦となる。

 気になるドライバーラインアップについては、GAINERから参戦する4名が発表された。11号車は平中克幸と安田裕信のコンビで変わらないものの、10号車の星野一樹のパートナーには、これまでGT3カーを駆り速さをみせてきた石川京侍が起用される。

 そして、『リアライズ日産自動車大学校GT-R』という車名となったKONDO RACINGには、2018年までJLOCからスーパーGTに参戦していた平峰一貴に加え、2018年のマカオGPでFIA F3ワールドカップの3位に入ったサッシャ・フェネストラズが加わった。フェネストラズは今季全日本F3にも参戦が予想されているが、速さの面では非常に強力なラインアップと言えるだろう。

 今季はホンダNSX-GT3など国産車が台数を増やすが、ニッサンGT-RニスモGT3も6台と台数を増やすことに。2014年にも6台が揃ったが、それ以来の台数となった。  

2019年からスーパーGT300クラスに参戦するKONDO Racing。ドライバーは平峰一貴とサッシャ・フェネストラズ(イベントは欠席)のふたりだ
「去年はGT-Rらしさが見えないレースが続いていたともいますが、今年はパワーアップしてGT-Rの強さをアピールしていきたい」と語った近藤真彦監督