【卓球・Tリーグ】2/9 張本復帰のKM東京 TT彩たまへのリベンジなるか<見どころ解説>

©株式会社ピンポン

写真:張本智和(木下マイスター東京)/撮影:ラリーズ編集部

<Tプレミアリーグ2018/19シーズン 2月9日(土) 越谷市立総合体育館>

9日16:00より、ノジマTリーグのT.T彩たま(以下、チーム略称TT彩たま)と木下マイスター東京(以下、チーム略称KM東京)の対戦が、越谷市立総合体育館にて行われる。勝点27で2位のTT彩たまと、勝点33で首位のKM東京が対戦する注目カードだ。先週帯広で行われた同一カードではTT彩たまが勝利し勝ち点差を縮めた状態での再戦となる。今回TT彩たまが連勝すれば、一気に混戦模様となる男子リーグ。KM東京は何としても勝利して1強状態を維持したいところだ。過去の対戦成績はKM東京の3勝2敗となっている。この試合の見どころを解説する。

TT彩たまvsKM東京 前回の対戦

KM東京とTT彩たまは前回、2月2日に帯広市(帯広市総合体育館)で対戦しており、その際はマッチカウント3-1でTT彩たまが勝利を収めている。岸川聖也(TT彩たま)と黄鎮廷(TT彩たま)のペアがダブルスでコンビネーションの良さを見せ先勝すると、シングルスではTリーグ2戦目の戸上隼輔(TT彩たま)が水谷隼(KM東京)を破る金星を挙げた。4番は黄鎮廷(TT彩たま)が危なげなく勝利し、TT彩たまは昨年からKM東京に対して2連勝となった。

前回のスコア KM東京 1-3 TT彩たま
松平健太/田添 健汰 0-2 ◯岸川聖也/黄鎮廷
14-16/4-11

水谷隼 2-3 ◯戸上隼輔
11-7/8-11/11-4/10-12/12-14

◯侯英超 3-2 平野友樹
11-3/9-11/9-11/11-8/11-9

田添響 1-3 ◯黄鎮廷
9-11/11-8/5-11/5-11

2/9 TT彩たま vs KM東京 ベンチ入り選手の紹介

※2/8時点の発表。()内はTリーグランク

■TT彩たま
黄 鎮廷(S)
ティアゴ アポロニア(AAA)
神 巧也(AA)
高木和 卓(AA)
チョン ヨンシク(S)
平野 友樹(AA)

TT彩たまは、昨年12/23にKM東京に勝利時の布陣を彷彿とさせる。今回ベンチ入り3戦目の神巧也のデビューはあるのか注目が集まる。

■KM東京
水谷 隼(S)
田添 健汰(AA)
松平 健太(A)
張本 智和(S)
大島 祐哉(AAA)
侯 英超(A)

KM東京は、前回ベンチ入りしていなかった張本智和や大島祐哉が復帰し戦力アップは間違いない。前回のTT彩たまとの対戦で一人気を吐いた侯英超は、Tリーグ参戦後3連勝と無敗。ヴィクトリーマッチでもしっかり勝利する頼れる兄貴分だ。戦力的にはベストメンバーが揃い必勝の構えだ。

2/9 TT彩たま vs KM東京 見どころの詳細

勝ち点6差で首位を追うTT彩たまは、この直接対決で勝利すれば勝ち点3差となりいよいよ首位が見えてくる。KM東京へは2連勝中、チームとしては5連勝中と勢いは止まらない。岸川不在となるダブルスは、高木和卓と黄鎮廷のペアが最有力か。シングルスはチョンヨンシクの起用は堅いが、サプライズ采配でファンを楽しませる坂本監督が神、平野、アポロニア、高木和と団体戦に強いメンバーのうち誰を起用するのか、オーダーにも注目したい。

対するKM東京は、破れてもまだ首位とはいえ混戦に突入するのは避けたいところ。張本智和も12月以来の復帰戦となり期待が集まる。侯英超はもはやシングルスでの勝ちを計算できる貴重な戦力。チームの大黒柱である水谷隼はここ一番での勝負強さを発揮したい。

勢いに乗るTT彩たまと、何としても独走態勢をキープしたいKM東京の首位攻防戦。TT彩たま対KM東京の試合をぜひ目の当たりにしよう。

文:ラリーズ編集部