高3男子が転落死、自殺か

長崎、大学受験で悩み

©一般社団法人共同通信社

 9日午後6時45分ごろ、長崎市茂里町の大型商業施設「みらい長崎ココウォーク」の屋上から、長崎市内の高校に通う3年生の男子生徒(18)が転落し、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。長崎署によると、男子生徒は大学受験で悩みを抱えていたといい、同署は自殺した可能性が高いとみている。

 屋上の防犯カメラに男子生徒が1人で訪れ、転落する様子が写っていた。男子生徒の所有とみられるかばんが屋上に置かれていたが、遺書は見つかっていないという。

 大型商業施設の敷地内には別の事案で署員が訪れており、男子生徒の転落を目撃していた。