狭い道路で取り締まり 持ち運び式のオービス導入 新年度に県警

©株式会社上毛新聞社

 大幅な速度超過で走行する悪質ドライバーへの取り締まりを強化するため、群馬県警は新年度、警察官が持ち運びできるタイプの速度違反自動取り締まり装置(オービス)1台を導入する。従来型のオービスを設置できなかった狭い道路での効率的な取り締まりが可能になる。可搬式のオービスが県内に導入されるのは初めて。

 交通指導課によると、県内に配備しているオービスは、道路の上に設置し、下を通過する車の速度を測定するタイプ。門のような柱に取り付けるため広いスペースが必要で、道幅の狭い道路には設置できなかった。可搬式のオービスを導入することで、これまで難しかった通学路や生活道路などでも取り締まりができるようになる。